銀行と消費者金融のおまとめローンの違いを検証

銀行と消費者金融のおまとめローンの違いについて

銀行だけでなく、消費者金融でもおまとめローンは取り扱われていますね。二つの違いはどんな点にあるのでしょうか?

銀行と消費者金融は、おまとめローンに限らずいずれのローンも規制を受けている法律が違っています。

消費者金融は貸金業法に基づいて、カードローンやおまとめローンを発行できるのです。貸金業法の中に、借入できる額に大きく関わる総量規制がありますね。

総量規制は年収の3分の1までの額が、貸金業者から借りられる総額という法律です。借り過ぎて返済できなくなる状態を未然に防ぎます。

利用者の保護が大きな目的ですが、おまとめローンに関してはこの例外となるのです。総量規制額を超えても、おまとめなら利用者にメリットがあるので、申し込めることになります。

銀行のおまとめローンは、貸金業法の規制を受けません。また、カードローンをおまとめローンとして利用する場合も、総量規制は気にせずに申し込むことができるでしょう。

また、銀行のおまとめローンは、現在利用中のローンが消費者金融のものでも、銀行のものでもまとめられます。

消費者金融のおまとめローンを利用できるのは、貸金業者からの借入のみです。現在利用中のローンも、どちらのおまとめローンを選ぶのかに関わってきます。

おまとめローンを利用したい時には、まずまとめる前のローンを把握しておきましょう。

次にまとめ先の金融機関を決定しないといけません。その後、返済の負担を一番軽くできるおまとめローンを選ぶことになりますね。

Comments are closed.